燻製器を買いました

市販品の燻製器を購入しました

なんだかんだでしょっちゅう燻製してるもんで、段ボールの簡易燻製器より専用のもの買っちゃった方が良いかなと思いましてね

段ボールでの簡易燻製器は何度も使い回すと湿気や熱で歪んで煙の密閉性が落ちるんですよ

その場限りなら良いのですが何度も再利用しようってぇとちょっとキビシイ


2017-09-16-002.jpg

今日は蒸し器で柔らかくなるまで蒸したジャガイモをサクラのスモークウッドで30分ほど燻しました



2017-09-16-003.jpg

先週作った豚肩ロースのベーコンを細かく刻んで弱火でゆっくり炒めます



2017-09-16-004.jpg 



十分脂が出てきたらこれに燻したジャガイモを加えてその薫香ゆたかな脂を吸い込ませ

粗挽き胡椒をたっぷり振りかけ

アスパラととろけるチーズを山盛りで投入

2017-09-16-007.jpg 



これは白米では無くパンでいきたい案件 

2017-09-16-006.jpg 

カリッと焼き上げた薄切りのバゲットを添えて




ああ

美味い

サクラチップの薫香がたまらない



ベーコンとその脂を吸い込んだジャガイモ、チーズ

思いのほかガッツリと腹にくる

ちょっと作りすぎたな
スポンサーサイト

水カマス

2017-09-16-001.jpg

このところ水カマスがそこそこ獲れてます

魚屋で見かけるカマス2種

水カマスと油カマス

水は「ヤマトカマス」で油は「アカカマス」だそうです

油の方が良い値がしますね

刺身などの生食よりも干物とか塩焼きとかの方が一般的かな

干物作るときは温度を上げないように気をつけて、風をガンガン当ててサッサと仕上げないとすぐ悪くなるので注意が必要です


フライとかの揚げ物も最高です

美味い魚ですからぜひ食べてください


消費してください

供給過多で値崩れ起こしてます

干物が美味い魚ですから干物屋がそこそこ買ってくれてたんですけど

何日か続いた結果、干物屋の冷蔵庫が一杯になってしまったとかですまねえこれ以上買えねえよとか

先日は市場での底値がとうとうキロ2円にまで下がりました

1匹2円じゃありません1キロ2円です

1トン獲って2000円



氷代にもならねえよこれじゃ

漁師涙目

超涙目



みんな魚食ってくれ








あ、こういう記事書くと魚屋や定食屋で「仕入れが2円のくせにお金取ろうってのか!ぼったくりだ!」とか店の人に絡み出すお行儀の悪い人達が必ず出てくるので念のために言っておきますと、毎日毎日全部のカマスがキロ2円で流通しているってわけじゃありませんからね

話のタネとして興味を持っていただきやすいよう滅多に起こらない極端な事例を引っ張ってきてますのでこれをもって買い物での値切り交渉のネタになどしないようにお願いしますよってなんでこんなこといちいち書かなきゃならない世の中になっちまったんだろ

説明する事の難しさ

たとえばダイビング

インストラクターのトレーニングコースを受講しますと、そのほとんどの時間が「相手にダイビングというものをどうやって教えるか」に割かれています

自分自身が泳げる潜れるなんてのはアタリマエ、それをどうやって他人様に伝えるか

自分がプレーするのと、それを他人様に伝えるというのは似ているようで実はまったく違うジャンルの技術体系



他のスポーツにおいてもね

かつて優秀な成績を残した選手がそのまま全員優秀なコーチや監督になったのか?って話

プロのスポーツとか見ていただければその結論はなんとなくお察しいただけるのではないかと


スポーツだけじゃありませんね

学業で成績優秀だった学生が、そのまま優秀な教師になれるのか、とか



「実務」と「教育」と「指揮」の3つは似ているようで全く別の系統の技術体系

「良い部下」だった人間がそのまま「良い上司」になれるのか

自分自身がそれを上手にできるかどうかってのと、そのノウハウをわかりやすく他人様に伝えられるかどうかってのは全くの別物



なんでこんな話になったのかってぇと、天気予報の降水量予測

今度の週末は3連休ですが、台風が接近中

今日ウチの職場の若手と天気予報を見ながら話をしたわけですよ


「なんで雨の量って単位が「ミリ」なんですかね?水の量だったらリットルとか立方メートルとかじゃないんですか?」



そういえばこの夏前に来日していた私の姉も同じような事言ってたな

姉貴はガチガチの文系だからね

世界がSI単位系になってから数十年経った今でもヤードだのポンドだのファーレンハイトだのを標準にしている米の国で会計士やってるような文系姉貴に今さら国際標準単位系に関する講釈をたれたところでせんのないこと、と、その時は軽くスルーしてたんですよ



数ヶ月経って、あらためてウチの若手から降水量の単位に関するこの疑問

そのあと急に気になって他の何人かにも訊いてみたら、結構多くの人間が「なんで降水量の単位がミリなのか正直よくわからない」とのこと



理屈っぽく説明するならね

雨はそれなりに広い範囲に均等に降ってくるものと考えましょう

その降ってくる水の「総」量の単位は確かに立方メートルで単位はmの3乗、だね


だけど、そもそも天気予報などで使われる降水量ってのは他の地域との雨の降り方の差を比較するためのもの

広い土地にはその分たくさんの水が落ちるし、狭い土地はその逆

降った水の総量で雨の降り方を比較するのはものすごく紛らわしい

どこかで何か共通のものさしをつかって数値を標準化しないといけない

なので1m四方とかの単位面積あたりに降る水の量で雨の降り方を評価しましょうよ、というのが降水量という数値だと思っております

私は気象予報士じゃありませんから厳密な定義なんざ知りませんがね



で、「単位面積あたり」の降水量と考えた場合

降ってくる水の量の単位はmの3乗

それを受け止める地面の広さは単位がmの2乗

単位面積あたりに降る水の量ですから、これらで割り算して「mの3乗」割る「mの2乗」

結果としてmの1乗だけが単位として残る

だから降水量の単位はミリメートル

桁数が違うのは運用上の都合



てことをウチの若手に30分くらい時間かけて説明してみたんだけど、脳みそ筋肉の体育会系には今ひとつわかってもらえない

やっこさんの頭の回転が悪いわけじゃないんです

仕事教えたときの飲み込みも速いし、海況の変化に応じた応用や機転も利く

彼はただ今までの経歴の中で理系的な考え方の訓練をしてこなかっただけ

そういう人達に単位の話をそのまま教科書的に説明したところで腑に落ちてはもらえない



言い方を変え、たとえ方を変え、いろいろ説明を試みてはみたのですが

やっぱりピンと来てもらえない

逆にこっちが頭抱えちゃいましたね

どうやったら理系じゃない人達相手にもピンと来てもらえるようなわかりやすい説明ができるんだろうか?と

帰宅してからずっと降水量をキーワードに検索しまくってますがなかなか上手い説明のしかたが見つからない



相手に伝わるように伝える技術

他人様に何かを伝える技術

ものを書くという作業も根本的にはソレですよね



本当に難しいもんです

夏が終わるので「NPOビジネス」とかいうセコい小銭稼ぎのお話でもしてみましょうか

明日9/15から海老網漁が解禁になります

海老網ってのは刺し網の一種

幅50センチほどの帯状の網の一方に錘、反対側に浮きがついてまして、これを海中に放り込みますと海底で壁のように自立します

通りかかった伊勢エビがこれに絡まって身動きが取れなくなったところを網ごと回収するというもの

漁をするのは普段ダイバーの皆さんが潜っているのと同じ海域、浅場の砂地

ここに何か障害物がありますとこの海老網が絡みついてしまって何かと大変

ということで

2017-09-14-001.jpg

5月から沈めてありましたアオリイカの産卵床も海老網解禁を前に撤去します


いつもは私1人でやるこの潜水作業ですが、今日はウチの若手の経験値稼ぎという事で同伴者1人

2017-09-14-002.jpg 
まずは枝を沈めるために縛り付けてあった砂利袋をすべて切り開いて中身を捨てます

砂利袋ごと引き上げるのは船の油圧機械やロープにかかる負担がでかいもんでね




2017-09-14-003.jpg

水面の船からロープを引っ張ってきて油圧機械で巻き上げて回収






2017-09-14-006.jpg

ここ数年は水が濁って視界が悪い事が多かったのですが、 今年はものすごく水が綺麗です

ダイビング日和だなあ



半年沈めてあったこの産卵床ですが、こういった複雑に入り組んだ物ってのはイカだけじゃなく他の小魚に取っても魅力的な隠れ場所であるようです

2017-09-14-004.jpg

周囲には多くの小魚が群れております






その隠れ家がいきなり撤去されるわけですよ 

 やつらにしてみりゃ今まで住んでたアパートが突然取り壊されるようなもんでしょうなあ

2017-09-14-005.jpg

迷惑なことこの上ないと思うよ私も

すまんの

人間の都合でいろいろ振り回して




このアオリイカの産卵床撤去が終わるといよいよ夏も終わり

ダイビングに関しましても最終エグジットが15:30までとかなり前倒しになります

途中に休憩を挟んで1日に2回潜るのが多くのダイバーさんのスタイルとなっておりますが、あまりのんびりと水面休息を取っていると時間的に2回目の潜水ができなくなってしまうことがありますので当港に潜りに来られる方は十分ご注意を

最終エグジット時刻が切り替えになるこの時期はですね

のんびりと水面休息を取り過ぎて2回目の潜水を潜れなくなった結果「海は誰の物でもないはずだ!最終エグジット時刻が決められているなんてのはおかしい!人権の侵害だ!訴えてやる!」などと鼻息荒くダイビングサービスに怒鳴り込んでくるダイバーさんが掃いて捨てるほど現れる時期でもあります

毎年恒例の光景ですね

朝、受付をしていただく時点であらかじめ念を入れてご説明申し上げているのですから間に合うように予定を立てて行動していただくようお願い申し上げます



海は漁師の物ではありません

それは当然の事です

ですが

ダイバーさんだけの物でもありません



同じ狭い海域に、ダイビングをしたい人と伊勢エビを獲りたい人がいる

両者で時間帯をわけて住み分け、共存しましょうよ、ということです




ダイバーが潜っている時間帯は漁師は可能な限りゆずって我慢しています

漁師が仕事する時間帯はダイバーさんが我慢してください

お互い様って事でね






近所の大手ダイビングショップが最近朝の5時前とかからお客さんの機材搬入とかはじめててね

漁師の車が邪魔だとか、どかさないと当社の顧客を富戸港から引き上げざるを得ないとか

挙げ句の果てには「他のダイバーが邪魔だから港に入れさせるな、入場制限をかけろ」とか

そういう脅しの文書を最近頻繁に送りつけてきていてね

この港はお前らだけの物じゃないんだけどなあと正直不愉快に思っております




海の素晴らしさを多くの人達に伝えるための「文化事業」としてNPOを立ち上げスノーケリング教室を開催するから施設使用料をタダにしろ、とかいう企画書を持ち込んできて

それに応じたところ「協賛」として漁協の名前を宣伝に載せるかと思いきや、ホームページの料金表に「施設使用料込み」とかしれっと書いててね

施設使用料をタダするという漁協が協賛した分のお金は「料金には施設使用料込み」という名目でキッチリとお客様から徴収されたあげく、彼らのフトコロにちゃっかりとポッケナイナイされておりましたという笑えない展開



「施設使用料」の原価がタダだなんていつ誰が言った?

温かいシャワーを供給するのに毎月ものすごい量のプロパンガスを使ってます

暖かい温泉丸を提供するのに年間数百万円の温泉の使用料を近所の源泉に支払っています

ミネラル成分が多い温泉のお湯をシャワー用のボイラーに通すとボイラーがすぐ壊れるのでシャワーの水は上水道からとってますよ

そういった物を「文化事業だから」とか偉そうな理由付けて無料にさせておいて、実際にはお客様からちゃっかりその分のお金を徴収しててめえらのポッケにナイナイしてるというその根性が根本的に気にくわない

社会的な正義がどうとか法律的にどうとか、そんなものは知ったこっちゃない

私個人が気にくわないというそれ以上の意味はない

我々に身銭切らせたテメエらが私腹肥やしてんじゃねえよというただのやっかみでしかない



これは海の素晴らしさを多くの人達に伝えるための文化事業なんですからオタクの取り分はタダにしてやってくださいよお願いしますよ、とかそういう「高尚な」こと言ってきてね

それっていわゆる「広告」とか「協賛」ですよ世間的に言ったら

その根底にあるのは「損して得取れ」

この言葉というのは、金銭的に一時的に損をしても、後々「名声」を得られるのならばそれで良いじゃないかという、現代における「広告」の概念のはしりだと思っております


で、その「広告」という観点からして「協賛」してもらったらその事実をどこかしらに明記するというのは世間の常識なんだと思っていたのですが

ダイビング業界では「協賛」してもらった事実を無かった事にしてそれによる収益をポッケナイナイするのが「常識」だった模様

ダイビング業界ってすごい世界なんですね(驚愕

いやはや私のような若輩者にはものすごく勉強になりますありがとうございます



この「手口」には(敢えて印象の悪い呼び方をする)広告主側として協賛させていただくメリットがなに一つ見当たらないんですけどwinwinの関係をもって良しとする昨今のビジネスモデルとして、これで良いんですか?

乞食商売とか言われたときにきちんと筋道立てて反論できるだけの材料を御社はお持ちなんですか?

こちとら年間延べ数千人の大口顧客だぞ!俺たちの要求に応じなかったらこの全部の顧客をお前の所から引き上げるぞ?!

収入にも広告にも全く繋がらない無料の利用客を何千人連れてこられたところでこっちにしてみたら大赤字の原因でしかないという単なる迷惑行為でしかありませんし、それをわざわざすべて撤収してくださるというのなら当方としましては「本当にありがとうございますぜひともお願いします」としか言いようがないのですが、なぜそんな切り札になりようもないようなカードを「交渉の切り札」として何度も何度も上から目線で切る事ができるんですか?

お前の施設を宣伝してやってたくさんの客を連れてきてやってるんだから感謝しろ?

無料で施設を利用するだけの一円にもならない客を何千人連れてきてもらったところでこっちの収入には一円も影響が無い上に、ただただ混雑してこっちとしては迷惑なだけなんですけど





なにが「文化事業」だクソ野郎

そもそもNPOだ文化事業だとか言ってるくせに他のショップの普通のスノーケリング教室と全く同じ値段設定じゃねえか

文化事業とか言う名目で協賛してもらった分だけ必要経費が浮くからそれだけ儲かる!俺あったま良い!というセコい小銭稼ぎですか?

広告主がそれを見ているという可能性は考えた事が無いんですか?

漁師はバカばっかりだからどうせインターネットなんて見る事ができないとかなめてかかってたんですか?




というのをネット上で指摘したらその日のうちに「料金には施設使用料等を含む」ていう文言をお店のホームページから削除しましたね

あまつさえ「NPOが利益を出してはいけないなんていう法律はない」とか開き直ってみたりして

そういうこと平気な顔して何度も繰り返すから「これだからNPOは」とかあきれ顔で言われるようになっちゃうんです

身に覚えのあるダイビングショップのみなさんはせいぜい気をつけていただきたいものです

「信用」というのはこの日本という国においてもっとも優先するべきかけがえのない財産なんです

日本国内での商取引の上で最も重視されるその「信用」という要件を自ら踏みにじったあげく、なお上から目線で値引き交渉してくるとかもうお前達が何を考えているのか俺にはさっぱりわからねえよ、的な、ね

ええ、これもその近所の大手ダイビングショップさんの話ですよ



敢えてここでは名前は出しませんけど、観察させていただいている限りネット上の記事にはそこそこ敏感に反応していらっしゃるようですのでお名前は出さずともご本人方にはおわかりいただけると思います






いろんな意味でこの港は持ちつ持たれつでバランスを取りつつなんとかやってきているんですよ

ダイビングの人もいれば釣りの人もいる、磯遊びの親子だっている

漁師だってここで仕事をして生計を立てている

調子に乗ってここは俺の縄張りだ、お前ら邪魔だからみんな出て行けみたいなこと言い出すとそれ相応の反発が生じますのでその辺はご理解いただきたいものです



少なくとも「俺たちがダイビングするのに他の店のダイバーや漁師が邪魔だからどかせ」ていう主張はね

他のダイビングショップにとってしても「お互い様」なんですよ

ご存じないかもしれませんが、この日本という国は建て前文化の国なんです

他のダイバーが邪魔だな、と、心の底では思っていてもそんなこと普通は口にしない

「あいつら邪魔だからどかせよこっちは大口の顧客だぞ」とかそんな頭の悪いセリフをいい歳こいた大人が口にしちゃったら、この国ではその人の教育レベルを疑われるんですよ

あまつさえ後々証拠が残る文書でそんな精神年齢を疑われるような要求を「さもなくば当店の顧客をすべて富戸港から引き上げざるを得ない」なんて脅し文句を添えて提出してくるなんて、こいつ本当に義務教育終えてきたのかと疑問に思われてもしかたがないレベルなんですがご本人達はその自覚があるんでしょうか?





地元の世論全部を敵にまわして力尽くでねじ伏せていくスタイルなんですか?

その戦略はコスト的にそうとう高くつくと思いますが?

札束で殴りつけて黙らせていくスタイルだったら今現在当港に落としていただいている額のせめて100倍くらいは落としていただかないと人々の口はふさがらないでしょうね

当港近くのダイビングポイントに御社経営ショップの名前を付けろって言う要求もありましたけど

ネーミングライツだってそれ相応の広告料を支払ってこそ生じる物であって、口を開けば値切り交渉ばっかりの御社がなんの対価も支払う事なくネーミングライツだけ主張したら世間じゃ鼻で笑われますので以後自重されたし





「店を潰すのは常連客」ていうのはバイク屋だろうが飲み屋だろうがいっしょ

いつも利用してやっている俺たちを最優先で優遇しろ!お客様は神様だろ?!なんていうなんとも傲慢な姿勢が店の経営を切実に圧迫してるんだって言う自覚は持った方が良いよ、少なくとも18歳過ぎてるのならば




テメエらに海に潜る人間としてのプライドはねえのか?というそのへんのお話をね

我々関係者が引き攣った笑顔ながらもなんとか平静を装って対応できているうちになにとぞお察しいただきたく

よろしくおねがいしますよ



海に潜る者としての矜持、プライド

彼らにそんなものが存在するのか否か

こういう連中に限って真顔で「ダイバーが地球を救う!」とか平気で口にしやがるから片腹痛いどころの騒ぎじゃない

笑わせてくれる

自分で言ってて恥ずかしくならないものなのかね?

お前ら海水じゃなくて小銭の海にでも潜ってろよ

義務化

救命胴衣、いわゆるライフジャケットの着用が義務化になりました


数年前までは我々は「着用するよう努めること」というカテゴリーだったのですが、義務化の範囲が拡大されまして我々も着用義務付けとなりました

2017-09-11-001.jpg

紐を引くと仕込まれた小型のガスボンベに穴が空いて浮き袋が膨らむタイプ

夏場はこれ付けるとものすごく蒸れて暑いとかいろいろ不満はありますが



まあ自動車のシートベルトみたいなもんだということで

安全第一
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
リンク
カウンタ
最新コメント