マンボウを食す

米の国というのは音だけの肉の国から来日中の姉貴一家もはや10日目

「またサバ?」とか言われたってこの時期にウチで獲れる美味いものって言ったらこれくらいしかないんだからがまんしろ

どうしても我慢できないなら海域がまったく違う他の国に行け、とばかりに

魚はサバのみ

あとは肉肉肉肉

海女さんからサザエをわけてもらって刺身で食わせたら「美味かったけど朝になったらお腹イターイ」とかもうどうしろっちゅうねん



それでも何か違うものが食べたい?

しょうがないな

俺にそのセリフを吐いたからには覚悟はできてるってことだな?

2017-07-23-002.jpg

網にでかいマンボウが入ったのでそのハラワタを食わせてみる

腸だけで13キロ

デカいw


まずは下処理

2017-07-23-003.jpg 
腸を切り開きまして、未消化の食物やらウンコやら内臓に生息している寄生虫やらをザッと洗い流します

次に内臓の分泌物といいますか、腸液とかのヌメリを取り除きましょう

大量の塩を振りかけて力任せに揉みこむ


塩振って揉みまくっては洗う

塩振って揉みまくっては洗う

これを3回ほど繰り返しますと表面のヌメリはだいぶきれいになりますね



今回はめんどくさいからケルヒャーの高圧洗浄機で洗いましたよ

2017-07-23-004.jpg

作業自体はこの方が楽だけど、生臭い水が着ている物に飛び散りまくってあとあとの始末が大変w


最後は小麦粉

牛豚のモツの処理で検索してたら引っかかった手法

モツに小麦粉をまぶしてよく揉みこんだ上で洗い流すともみこんだ小麦粉が臭みのあるモツのヌメリをマルッと吸着して取り去ってくれるらしい



で、こうしてヌメリと臭みを抜き取ったマンボウの腸をですね

適当な寸法に切り分けまして、沸騰したお湯で2~3分ゆでます

すぐに氷水にとって締めますれば、いつでも食べられる保存の効く食材の完成

2017-07-23-005.jpg

小分けにして冷凍してしまえば数か月はもちますよ

急な来客用の保存食的酒の肴としても上等の品



味はほとんどありません

コリコリシャキシャキとした独特の食感だけが持ち味

裏を返せば味付けしだいで何にでも化けるということ



これをひと口大に切り分けて串を打ち、七輪の炭火で焼き上げる

2017-07-23-001.jpg

焼き鳥の「ナンコツ」に近いかな?

機会があったら七味醤油などお好みで召し上がっていただきたい

細かく切ってバターなどと一緒に炒め物にしていただいてもおいしいと思います




ケルヒャーで内臓洗ったのは初めてのことでしたが

結構イケるw






昨日、甥っ子を今年二回目のダイビングに連れて行きました

2017-07-23-006.jpg  
トラフナマコをセカンドステージに引っ掛けて「ヒゲ~」とかドヤ顔しているの図



 



 

スポンサーサイト

寒暖の差が激しい

海の中の話ですけどね

昨日の潜水作業で水面は26℃あったんですが

それが25mあたりまで潜ると冬なみの15℃まで低下

水で10℃以上の温度差は体感でもかなりキビシイです

温度が違う水の境界面が大きくうねる「内部波」とそれによる潮流、いわゆる「オキダシ」も頻繁に発生しておりますゆえ、潜りに来る方は十分ご注意を



ものすごく速いのがきますよ

突然流れはじめて突然止まる、数分の間に流れの向きが正反対になることも

時刻や潮の満ち引きなどとは一切関係してませんので事前の予測は不可能です

ご注意ください

大接待

先週から姉貴一家が来日しているというのは先日も書きました

叔父さんは接待で忙しい

姉貴とその旦那にはビールと美味い魚を山盛りで与えなきゃならんし

子供達には「なんかおもしろいもの」を与えにゃならん

ショッピングにしか興味が無い姪っ子とはもはやコミュニケーション不能

何を言っても「I know」か「No thanks」だもんで叔父さんもう疲れたよ

買い物にさえ連れて行っておいておけばご機嫌だから姪っ子の相手は姉貴本人に任せる



かわりに叔父さんはタイクツダー星人に変身したミスタークールガイ(甥っ子)を海に放り込む

2016-07-22-03.jpg 






2017-07-19-001.jpg

トカゲなどの「は虫類」が大好きで、魚類への反応はいまいちですが

ミスタークールガイはもともと何をやらせても反応が薄いのであまり気にしてはいけない



2017-07-19-002.jpg 
頭足類(イカタコの仲間)はどうやらトカゲスキー先生の守備範囲に入るらしい

写真では見えにくいけどミスタークールガイの左上にアオリイカがいます

ミニバイク6時間耐久レース シリーズ第3戦行ってきました

2017-07-17-001.jpg

このクソ暑い中、何を好き好んで焼けたアスファルトの上で分厚い革ツナギ着込んで焼けた空冷エンジン抱きかかえながら右に左にスクワットし続けなければならないのか

バイク乗りはマゾヒストである

というかむしろマゾヒストでしかない



そんなマゾヒスト気質の我々ですが

参加してまいりました富士スピードウェイミニバイク6時間耐久レース

ミニろく第3戦


とにかくタフなレースでした

一番の敵は暑さ

スポーツドリンクを4リットル以上がぶ飲みしてたのに、レース後体重が3キロ減ってた 




暑さで皆やられながらそれでも一所懸命走る

それを応援するV8祈りのポーズ集団

2017-07-17-002.jpg

Witness hiiiiiiim!

奴の生き様をその目に焼き付けろ!




気が遠くなるような6時間の耐久レース

ヨシムラキットを使用したパワフルなマシンを駆る他のエントラントに対し

カム以外ほぼノーマルという非力なエンジンで挑みかかるドンキホーテ的な我々


残り数十分という段階で上位陣が転倒やマシントラブルでバタバタと脱落していき

結果として棚ボタ的に3位入賞

2017-07-17-004.jpg 

長時間の耐久レースにおいては、頑丈さを最優先してヨシムラキットを敢えて使わないというのも選択肢のひとつとしてアリだと思う


そら勝てない事の方が多い

勝てた時というのは他のチームがトラブルを起こしたとき

他人の不幸狙いというか、そういうのをアテにして戦うというのはいささかフェアじゃないという気持ちはたしかにあります


我々にとって勝つことが最優先事項なのではないのです


草レースとはいえ、競技としてのレースに参加する以上「勝利」を求めるのは当然のことです

というか「勝利」を求めるのでなければ競技に参加する意味はない


ただ、その「勝利」が我々にとっての最優先の目的ではないと言うだけの事

優先順位としてはたぶん2番目かそこらなんだろうな



我々だってもちろん勝利を目指して競技に参加してはおりますが

それでも

「勝つため」だけではなく

あくまでも「走る」ために走っているつもりでおります

「勝利」はあくまでも走り続けた「結果」としてそれに付随してくるもの

オマケ程度のものでしかない




我はバイク乗り

コギトエルゴスム

我走る、故に我有り 



走るために走っている我々がマシンを壊して早々にリタイアする

それが一番避けねばならぬパターンなのではないかと最近、個人的にはそう考えております




なので我々はパワーよりも頑丈さを優先するのです

「次はヨシムラキット組んでガチで競り合おうよ」

このレースに何年か参加し続ける中、そんな声をかけてくださる顔見知りのチームもいくつかできました

レースを続けていく中でうまれたそんなご縁に感謝しつつ

それでも我々は頑丈さを優先します



ヨシムラキットは使わない

シロウト草レース特有の車検の甘さを逆手にとり、コッソリ125ccキットを組んだマシンで100ccクラスに参加し「俺速え、俺サイコー」などと自画自賛するようなことも絶対にしない

そんなことしてまで勝ってもその勝利には何の意味もない



我々は亀です

亀なんです

それでもね

亀には亀なりの戦い方があると私は考えています

今後しばらくはノーマルベースでやっていく予定です

遅くてもなんでもコツコツ走り続けることが大事

立ち止まらないこと、それが一番大事

それが耐久レース




クソ暑くても走る

雪が降っても走る

台風が来てても走る

2017-07-17-006.jpg

いやここまで来たらさすがに止めた方が良いと思うぞ運営







 2017-07-17-005.jpg

オッサンのレゾンデートルをかけた壮大な自傷行為はこれからも続く

布教活動

先週から姉貴一家が来日し、我が家に滞在しております

4日も経ちますともう子供達は退屈しはじめましてね



私は明日レースでしてね

その準備でいろいろと忙しいのですが

レース用のバイク整備している周りをウロチョロウロチョロ

「タイクツダー。タイクツダー。」



しかたないのでマッドマックスみせてみました

甥っ子いきなりドハマリ

「スッゲークールだ!」

2017-07-15-001.jpg

映画見ながらテレビの前でV8祈りのポーズ

V8!V8!V8!V8!





2017-07-15-002.png

ビデオソフト付属の特典映像では悪役の親玉であるイモータンジョーを演じるヒュー・キース・バーンが撮影現場入りするときにはウォーボーイズを演じる他のキャストが全員このV8祈りのポーズで出迎えるというイカしたシーンをみる事ができます

イカれてる(賛辞



マッドマックス

あれは良いものだ

もう大好き

ヒャッハアアアアアアアア 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
カウンタ
最新コメント